交通事故で負傷書がいたら必ず救急車を呼ぶ!救急車が来るまでの対応策!

交通事故12

交通事故では負傷者が出る可能性があります。そのようなときには負傷者の対応をしたことがなければ、簡単に応急処置などができないでしょう。それだけではなく、動かしてはいけないときもあります。そのようなときはどうすればいいのかについても、知っておかなければ何もできないことになるでしょう。

ここでは救急車が来るまでの対応策などを解説していきます。

負傷者の安全を確保する

交通事故で負傷者がいたら、安全を確保することが大事です。交通事故が起きたときに、負傷者が安全な場所にいるとは限りません。車から飛び出していたり、対向車線へはみ出していたりすることもあるでしょう。そんなときは負傷者を静かに路肩や道路の端に、寄せることが重要です。

負傷者の状況が分からない時点では、頭を動かすことが危険な場合もあります。そのようなことを考慮して、静かに動かすことが大事です。また、負傷者の移動先を考えることも大切です。移動先で安全が確保できないのでは意味がありません。

安全に休息できるような場所に移動させましょう。

負傷者がいたら救急車を必ず呼ぶ

負傷者がどのような状況であっても、救急車を必ず呼ぶことが大切です。負傷者が健康そうに見えたとしても、実際に健康かどうかは分かりません。事故の興奮で痛みを感じていないだけかもしれないのです。それを考えると、救急車に来てもらい搬送してもらうことが大事になるでしょう。

交通事故では怪我などに細心の注意を払う必要があります。外から見ただけでは分からない重大な障害を脳に引き起こしている可能性もあるのです。脳内の異変に外傷から気づける人は多くないでしょう。そのようなことを考えていけば、救急隊員に判断してもらうことが賢明な判断になることが多いです。

京都での交通事故が少ない理由とは

負傷者へ呼び掛けて意識があるか確認すること

救急車が来るまでに負傷者へ呼び掛けを行うことは必要です。意識があれば次の行動に移れますし、意識がなければ別の方法で救命救急を行うことになるからです。意識がなければ気を失っているか、深刻な負傷をしていることが考えられます。

深刻な負傷であれば、安易に動かすことができなくなります。気を失っているだけであれば、呼吸は安定しているでしょうし、脈もあるでしょう。意識がないときには呼吸や脈をチェックしておくと、応急処置の方法が変わってきます。

車を安全な場所へ移動する

負傷者がいたとしても、車をそのまま残しておくと危険なことが多いです。そのままだと二次的な事故を誘発する可能性がありますので、移動することが大事です。現在いる負傷者に気をとられているうちに、次の負傷者を出すことにならないようにします。

車が動かなければ安全な場所に移動するときに、周囲の人の力を借りて動かすこともあるでしょう。周りにいる人にはできる限り協力してもらうことが大切です。

負傷者の応急処置はできる範囲でする

応急処置の知識がないのに処置をすると、悪い結果を生む可能性があります。そうならないように、応急処置はできる範囲ですることが大事です。医師のような適切な処置はほとんどの人ができないでしょう。そうではなくて、できる範囲のことをすることです。

また、周りに応急処置ができる人がいないかを聞くことは重要です。一人でも応急処置ができる人がいれば、その指示にしたがって処置ができるからです。周りにいる人、周辺の住民などに声をかけて、協力をしてもらうことが大事になります。

そのような現場に出くわしたときに、講習などを予め受けておくと出来ることが増えます。その処置によって人の人生がかかっていると考えると、講習を受けることの重要性がわかります。

119番した電話で指示をしてもらうことが重要

119番に電話をすると救急車を呼ぶだけではなく、その時に応答した人に現場でどうすればいいかを聞くことができます。

消防隊員は応急処置のプロですので、どのような様子なのかを説明すると最善の方法を示してくれるでしょう。電話で確認しながら応急処置をすれば、成功する確率は上がります。例えば、周囲にいる人が誰も応急処置の仕方を知らないのであれば、119番の電話の相手が心強い味方になるのは間違いありません。

救急車を呼んだら電話を切るのではなく、到着までにするべきことも教えてもらうと、負傷者が生き残る確率をあげられるのです。また、救急車が来るまでの時間に負傷者の様子が急変することもあるので、電話はつないだままにしておくことも重要です。

現場で起きる状況の変化を報告しながら、冷静な指示をもらえるという意味でも電話をつないでおくことは大切になります。

出血があれば血止めを行う

交通事故18

負傷者に見た目で分かる外傷があるときには処置をする必要があります。出血があれば、血止めをすることが大事です。身近にあるハンカチやタオルなどで、患部に押し付けて圧迫して血を止める方法が有効です。ただし、出血がある場合に慌てて血に触ることは避けた方がいいでしょう。

感染症のリスクがあるからです。一方で、患部に不衛生なものを押し付けるのも避けた方がいいです。感染症にかかって、出血よりもひどいことになる可能性があります。また、出血がひどいようなら、念のため救急車に輸血の用意をしてもらうようにしましょう。

脈がなければ心臓マッサージを行うことが重要

負傷者の意識がないときに、心臓マッサージをしなければいけない可能性があります。その判断は119番をしたときの救急隊員の指示をあおぐといいでしょう。隊員の指示により心臓マッサージを行うのであれば、しっかり行うことが重要です。

かなり強めに心臓マッサージをしないと、効果がありません。このような心臓マッサージは学校などで講習を受けたことがある人は優先的に行うことが大切です。経験がない人がしている間に身体は少しずつ死に向かっているのです。

効果的なマッサージを素早く、効率的に続けることが重要になります。また、心臓マッサージは疲れる作業ですので、交代で行うことも大事です。

応急処置に対応している人の安全を確保する

事故の応急処置に対応していると、夢中になりすぎて安全な範囲を越えてしまう人が出てきます。特に負傷者をあまり動かせないときや、狭い道路状況だと安全に処置できるスペースが限られてしまうのです。そのため、安全に処置できるように周囲を見てもらう人を配置することも重要です。

そのような人がいないと、処置をしているときに事故がまた起きることが考えられます。

救急車や警察が来るまでは現場にいる人たちだけで管理することになるので、そのような点にも注意が必要なのです。